ネットワークエンジニアを目指す女性へ

ネットワークエンジニアとは、コンピュータやデバイスを接続するネットワーク部分を担当する人のことを示し、一般的にイメージされるシステムエンジニアよりも格段に、現場における肉体労働を必要とすることが多い。
規模や担当者の動員状況にもよるが、例えば機材を自分で運び込んだり、床下に這いつくばってネットワークケーブルの配線処理を行ったり、といった作業などがあげられる。また、ネットワークという、目立たないけれども、システムの正常な稼働を維持するためには不可欠な部分であるため、障害発生時などは、昼夜問わず対応を迫られることも珍しくはない。

このため、数多くいるシステムエンジニアの中でも、女性が働くには不向きと言われることが多い。
しかし、少数であるとはいえ、むしろリーダーを務める女性も一定数いる。
なぜならば、先にも述べた通り、システムの根幹を担っている部分であるため、新システムの設計や構築の段階や、障害発生時の原因調査・切り分けなどあらゆる場面で、担当外のメンバーと、綿密なやり取り・認識あわせが必要になるからだ。

つまり、経験年数が浅いうちは、特に若い男性よりも体力面等で劣ってしまいがちだが、折衝能力に優れた女性は、現場経験を積みながら技術力を高めるていき、若手を率いるリーダーとしての地位に納まることが多いのである。
エンジニアとして妥協なく高みを目指したいという強い意志があれば、男女関係なくつける職である。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です