女性のネットワークエンジニアとその課題

近年、女性の社会進出が大きく進行しており、様々な職場や場面で活躍している。このような動きになっていったのは、社会進出をしたいと願う女性たちの強い働きかけにより、妊娠時の休暇、育児中の休暇などを制度化して育児に差支えなく、子どもが大きくなったら社会復帰できるようになったことが挙げられる。また男性の協力の他、昔は男性でしか認められない職業の雇用機会を両性で均等に与えたからである。

そこで、ネットワークエンジニアという職業に関しても注目が集まっている。
この職業は、コンピューターネットワークの取扱いやネットワークプログラミングを主にする。このネットワークエンジニアは工学系の学問領域に属するもので、もともと男性比率のほうが高い工学系で女の方が従事するのは珍しいことであった。
更に、ネットワークエンジニアは出来高制であったり、ノルマがあるというような実力が重視される職業であるので、高い残業率やいわゆる「ブラック」である企業が多く育児と両立することは難しくなっている。

更に、納期が決められていたりして、それまでにプログラムを完成させなければいけない等の事情から何回も連続して徹夜作業をさせられる企業もあるようだ。
何日も家をあけることになると、当然育児にも支障が出てくる。
このことから、女性がエンジニア職で働くのは難しくなっているが、同じ会社内で男性と上手く分業することができれば不可能ではない。
企業が両性間の調節をはかるシステムを作ることが最善手だろう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です