女性らしさが役立つネットワークエンジニア

IT系のエンジニアは、男性比率が圧倒的に高い状況が続いていた。
20代の若い世代では少しずつその比率が変化してきているものの、未だに男性が行う仕事という印象を払拭できないでいるのだ。
確かに、結婚や出産や育児といったライフイベントによって職場を離れなければならなくなるリスクが高いのだが、女性ならではの視点を持って仕事内容を確立していけばその前後でも仕事を続けていく道はある。

そういった際に、まず考えるべきなのは男女差だ。
性別の違いで多かれ少なかれ違いが生まれてしまうのが体力であり、この点で男性が勝ってしまうのは仕方のないことである。
しかし、母性本能から来る気配りの良さや人当たりの良さにおいては、男性よりも有利であるという観点は忘れてはいけない。そのため、直接顧客に会ってサービスを提供する現場においては有利になれる可能性が高いのだ。

こういう観点に立つと、ネットワークエンジニアには女性にとって有利な要素がある。近年の情報技術のインフラは、ネットワークによって担われていることもあって需要が高いことに加え、サービスの提供の際にはネットワーク機器を導入して配線する作業が伴うのだ。
そのため、顧客に直接会って、どこにどの機器を設置するかというレイアウトの相談や、テストの相談をする機会が豊富にある。
こういった機会に女性としてのコミュニケーションでの優位さを活用できるのが、ネットワークエンジニアなのだ。

さらに、近年では女性の社会進出は顕著に現れている。女性が活躍する時代はもう始まっているのだ。
仕事の面でも男性と同様、女性が活躍しています。求人情報を見てみても、女性に嬉しい仕事内容や待遇があったりするのだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>